10.建設コンサルタント 転んでもただで起きない戦略を

この不安定な時代、20代~30代の何割が定年退職まで勤めているでしょうか?
 建設コンサルタント業界は、もともと、人の流動性が高く、中途退社、する方がとても多いのですが、建設コンサルタントに入社して、定年まで勤め上げる人は、ますます少なくなっていくと思います。
積極的にやりたいことがあって前向きに辞めるなら、まだよいでしょうが、かなりの人が、消極的な理由で、会社を恨んでやめていきます。
また、本人の意思じゃなくても、社内でのトラブルや、病気、リストラにあったり、会社がつぶれるかもしれません。
また、多くの方が、これまでのキャリアを生かせていないと思います。
 どんなことが起こっても、転んでもただで起きない、つまり、前向きに次の展開に進める準備をしておくべきでしょう。
 例えば、「辞めた場合の戦略を考えておく」、「個人の能力付加価値を高める」、「実績を高める」、「よい仲間やネットワークをつくる」、「資格をとる」、「体を健康に保つ」などです。
最後の方は、ネガティブな話ばかりになりましたが、業界の長所短所をよく見据えて、人生を豊かなものにして下さい。検討を祈ります。