建設コンサルタントの思い出
難しい業務から逃げてしまう人だらけの会社にいました。

私が新卒から10年以上勤務していた会社、もう今は解散してなくなってしまった建設コンサルタントは、難しい業務が来ると逃げてしまう人が多い会社でした。 私は、道路部に所属しておりましたが、その会社は橋梁関係が強く、道路部門は […]

続きを読む
建設コンサルタント経営の特徴
4.建設コンサルタントの商品の特徴

続いて、建設コンサルタントの内部環境を整理していきます。まずは、建設コンサルタントの商品の特徴を理解しましょう。    ビジネスと言うのは、基本的に何らかの商品を提供し、対価を受け取り成り立ちます。 では、「建設コンサル […]

続きを読む
プロポーザル方式とは
2.プロポーザル方式の意義

プロポーザル方式導入以前は、指名競争入札による価格競争が一般的でした。  現在でも小規模業務、自治体の業務では指名競争入札が一般的です。基本的には最低価格の業者が落札する方式です。  建設プロジェクトの総コストの内、調査 […]

続きを読む
プロポーザル方式とは
4.プロポーザル方式の適用

我が国の技術提案入札としてスタートしたプロポーザル方式も平成6年の施行開始以来、適用範囲を広げながら分化を続け、提案入札としては平成21年にもプロポーザル方式と総合評価落札方式とにわかれました。  現在の技術提案入札の分 […]

続きを読む
プロポーザル方式とは
7.プロポーザル方式の評価項目と配点(選定・指名段階)

プロポーザル方式は、選定・指名段階における審査があり、この事前審査により入札参加者を3~5社以上に絞り込みます。 その評価項目は、以下のものです。 ①参加表明者(企業)の「資格・実績等」「成績・表彰」 ②予定技術者の「資 […]

続きを読む
プロポーザル方式とは
8.プロポーザル方式の評価項目の内訳(選定・指名段階)

次に、選定・指名段階の評価項目の具体的内訳を見ていきましょう。 プロポーザル方式の評価の内訳は、「原則として設定する項目」と、「必要に応じて設定する項目」に分かれます。  いずれも、公示の説明書の中には、プロポーザル方式 […]

続きを読む
プロポーザル方式とは
9.プロポーザル方式の評価項目と配点(特定段階)

プロポーザル方式の特定段階における評価項目ですが、指名・選定段階の事前審査と違い、「参加表明者(企業)」評価」はありません。   評価項目は、「総合評価型」、「技術者評価型」により多少ことなりますが、以下のものです。 ① […]

続きを読む
プロポーザル方式とは
10.プロポーザル方式の評価項目の内訳(特定段階)

次に、特定段階の評価項目の具体的内訳も見ていきましょう。 プロポーザル方式の評価の内訳は、選定段階と同じように、「原則として設定する項目」と、「必要に応じて設定する項目」に分かれます。  いずれも、公示の説明書や提案要請 […]

続きを読む
プロポーザル方式とは
11.プロポーザル方式の提案書の評価者とは

 提案書について、評価と採点を行うのは、「建設コンサルタント選定委員会」と呼ばれるものです。  「建設コンサルタント選定委員会」は、一般に発注者内部で組織されます。  例えば、自治体などでは、市長や副市長、国土交通省では […]

続きを読む
プロポーザル方式とは
12.プロポーザル方式の提案内容(評価内容)の担保方法は

 提案内容の実行が担保されないと、プロポーザル方式により業者を選定した意味がありません。どうやって、提案内容の実行を担保しているのか、以下に説明します。 ①特記仕様書への反映 プロポーザル方式は、実行方法を提案するもので […]

続きを読む
建設コンサルタントに就職を考えている方、就職している人へ
8.建設コンサルタントは継続的な自己啓発が必要

建設コンサルタントは、例え大手でも資本力に乏しく、人材開発に多くのお金をかけることはできません。よって、人材開発は、OJTと自己啓発が中心になります。 (こちらの記事もどうぞ「キャリアプランの立て方 10年度を見据えよう […]

続きを読む