5.できれば、次を決めてから

 辞めてしばらくは、のんびりという考えもありますが、「家庭持ち、経済的に厳しく、技術士も持っていない」人は、辞めても貯金が毎月目減りしていく現実は、精神に応えます。とてものんびりできません。

できれば次を決めてから辞めましょう。

(弊社別サイト参考記事「転職先は退職するまで秘密にしておこう(建設コンサルタントの転職)」)

そして、再就職までに1カ月くらいのタイムラグを作って、1カ月くらいはのんびりしてみるのもよいでしょう。

逆に、「独身で経済的に余裕もあり、技術士」というような人は、次を決めなくてもよいかもしれません。

せっかくだから、1年くらいは好きなことをしましょう。
30代40代で、1年好きなことができるのは最高の贅沢だと思います。
後悔することはないでしょう。

(弊社別サイト参考記事「転職先を決めてから辞めるべきか」)

 

建設コンサルタントが嫌になっている人へ