9.プロポーザル方式の評価項目と配点(特定段階)

プロポーザル方式の特定段階における評価項目ですが、指名・選定段階の事前審査と違い、「参加表明者(企業)」評価」はありません。

 

評価項目は、「総合評価型」、「技術者評価型」により多少ことなりますが、以下のものです。

①予定技術者の「資格・実績等」、「成績・表彰」

②技術提案:「実施方針」、「特定テーマに対する技術提案」(技術者評価型は無し)

 

プロポーザル方式の評価項目と配点(特定段階)評価のウェートは、以下の表の通りとなります。

  特定評価ウエート

出典:建設コンサルタント業務等におけるプロポーザル方式及び総合評価落札方式の運用ガイドライン(平成21 年3 月) 

 

※コラム:今後の提案競争の傾向

評価項目の重みつけの傾向は、全体では、「予定技術者」より「技術提案」の評価を重視し、技術者や企業評価では、「資格・実績」より「成績・表彰」を重視する傾向に変わってきました。

 小さくても優良な企業、成績がよく、提案力がある企業が有利になっています。

 逆に実績が多い大企業でも、成績が悪く、提案力がないと受注できないように変化しています。

 つまり、提案力+成績(提案内容の実現し顧客満足度向上する)を強化することが、今後のプロポーザル方式への対応戦略で重要になってきます。

Follow me!