7.建設コンサルタントの顧客の内訳

 建設コンサルタントとは、社会インフラの調査・計画・設計を行うものであることから建設コンサルタントの顧客は、主に官公庁になります。

 「建設コンサルタント関係5団体受注実績h19」による顧客内訳を見てみると

顧 客 比率(%) 受注額(億円) 備 考
国関連 40% 2,794 旧公団、財団、社団、事業団含
地方自治体 38% 2,634 公社含む
公益事業 7% 492 電気ガスなど
民間 10% 669  
国内合計 95% 6,589  
海外 5% 313  
合計 100% 6,902  

  出典:建設コンサルタント白書h21

 

 国と地方自治体の内訳は 

顧 客 内訳 (億円)
国関連 国交省関連 2,514
その他 280
地方自治体 都道府県 1,407
政令指定都市 243
市区町村 984

 

 以上に示す通り、ほとんどが公共機関が顧客となっています。

 民間受注が、669億円と全体の10%程度ありますが、詳細な内訳は不明です。

 一部、プラント施設関連などあるでしょうが、公共事業関連のゼネコンからの受注など、公共事業の間接受注が主だと思われます。

 

Follow me!